お客様の声

導入後のお客様の声を掲載しております。ProViTは、採用応募者が事前に対策することができない適性検査ですが、導入企業様がProViTを使用されていることを一切公開もしておりません。したがってお客様の声も匿名にて掲載しております。

管理部門取締役

管理部門取締役

社長をはじめ、まず社員に受検させたが、見事に本質が出ている。面白いほど的確な分析結果だった。(個別的特性基本項目)

人事部門採用担当

人事部門採用担当

新卒・中途採用に限らず面接前に必ずProViTを受検するようにすることで、面接時に気になる点を確かめることができるようになった。人材を見極めるのに非常に役に立っている。

人事部門取締役部長

人事部門取締役部長

お恥ずかしい次第だが、何故面接では分からなかったのかと思うほどの人材だった。ProViT分析結果には見事に出ている。メンタル疾患発症傾向、ストレス耐性、個別的特性基本項目、いずれも見事にその通りだったので、ここまで正確に出すことに非常に驚いた。

ベンチャー企業社長

ベンチャー企業社長

最初は採用応募された面接者に受けてもらっていたところ、面接で感じたことが見事にProViTの結果にその通り出ていた。その後、面接前に受検してもらうことにして、結果を見ながら面談で確認する流れにしたことでより深く把握できるるようになっている。

人事部門採用担当者

人事部門採用担当者

個別的特性基本項目で気になる点を面接で確認してみたら、見事その通りで、採用を見送った。ProViTを導入していなかったら、そうした確認の質問をすることはなかっただろうから、そのことに気づかず採用していたかもしれない。

人事部門採用担当

人事部門総務担当

社員に受けさせたところメンタル面での問題で休職していたことがあるスタッフの結果にメンタル疾患傾向が高いと出ていて驚きました。事前に分かっていれば部署や配属の面でも参考になるため欠かせないものになっています。