ストレス耐性・対応力について

「ストレス耐性・対応力」とは?

ストレスイメージ

人は誰でも仕事に限らず様々な場面でストレスを感じながら生活していますが、このストレスの強弱を感じる感性と、感じたストレスを対処する能力には個人差があります。ストレスに対する適正な感性とそのストレスの要因を適正に対処できる時「ストレス耐性・対応力」があると評価します。

「ストレス耐性・対応力」をチェックする必要性について

現代は「ストレス社会」だと言われています。会社組織の中で仕事をすることになれば、様々なストレスに晒されます。ストレスの要因全てを取り除くことは不可能なので避けられないストレスを的確に対処する能力が求められます。ストレスを過敏に感じすぎて対処できなかったり、感じなければならないストレス(緊張感のようなもの)が欠如して業務に支障をきたすといったケースがあるため、適正なストレス耐性・対応力をチェックすることは非常に重要なポイントになります。

面接だけでは見抜くことができない「ストレス耐性・対応力」

「ストレス耐性・対応力」が重要であることはご理解いただけたと思います。ではもしあなたが採用応募者との面接の中で「ストレス耐性・対応力」を推し量ろうとする場合はどのような質問をしますか?どのような回答だったら「ストレス耐性・対応力」があると評価しますか?残念ながら「ストレス耐性・対応力」を面接だけで見極めることは不可能です。通常「ストレス耐性・対応力」は実際に仕事を進めていくなかで行動の傾向などから判断する能力なので面接の受け答えが上手にできたからといって全く参考にならないからです。

ProViTなら「ストレス耐性・対応力」が面接前に検査できます。

ProViTは40問5肢択一形式、20分という短時間で回答可能です。受検者の回答が完了すると管理者宛に完了通知メールが送信されます。また、すぐに診断結果を確認することができますので、面接前に検査を実施して、その結果を確認しながら面接を行うことが可能であるため、気になる点については面接時の応募者の受け答えからより深く把握に努めることが可能になります。